忍者ブログ
Admin*Write*Comment
つぶつぶミカン
[59]  [74]  [75]  [58]  [57]  [76]  [56]  [77]  [55]  [54]  [78
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母が、もう去年の秋頃から
お腹が痛いお腹が痛いと言っていた。

こんな近くに前例がいるんだから
さっさと医者へ行け!検査をしろ!と言うのを
のらくらのらくら逃げていた。

とは言え、まったく医者に掛かっていない訳じゃない。
肝炎持ちでなんでもうず~っと通っている個人医院があるのだ。
仮にそこをA医院としよう。
そのA医院にやっとお腹が痛いことを訴えた。

A医院というのは、ベテランと言えば聞こえはいいけど
設備も診療方法も先生もウン十年変わってません、
みたいな村の診療所風。
もちろんそれが悪いとは言わない。
ただ、とてもお腹が痛いと言ってるのに対して

ではまず来週心電図をとります。
そしてその一週間後にバリウムでレントゲンを撮ります。
さらに一週間後、エコーをとりましょう。
結果はさらにさらに一週間後です。
とりあえず今日は胃薬3日分出しときます。

・・・って、アナタ。

そのうえ大腸ガンの便潜血検査もしてもらえ、と言ったら

「受付で今年の大腸ガン検診はもう終わったから、って断られた」

ハァ?(゜Д゜) 今1月ですけど?(これは先月のハナシ )
私は前々から病院変えたら?と言ってたんだが
今度ばかりはもう絶対他へ行けと。
でも本人はもうずっとかかってるから今さら変えられない、とか
そんなことしたら失礼だ、とかぐずぐず言って
素直に1ヶ月もかけて検査するつもりだった。

しかーし。
それから3日もしないうちに痛さに耐えられなくなった。
そしてその日はA医院の休診日。ラッキー!!
私は常々そっちへ行けばいいと思っていたBクリニックへ
即電話をしたら、すぐいらっしゃい、と。
まだA医院の予約が~と迷っている母を
休診日にこんなんなった挙げ句Bに連絡がついたのは
そっちへ行けという神のお告げだご先祖のお導きだと
無理矢理連れていった。

んで、そこですぐ胃の内視鏡の予約を入れてくれて
とりあえずの痛みも止めくれて
しかもA医院への義理立てに悩む母に
「言いにくかったら僕の方からA先生に連絡しますよ」
とまで言ってくれた、と大感激。
もう肝炎もこっちで診てもらう、と
本人すっかりA医院に未練無し。
変わり身の早い奴。(-_-メ)

と、まあここまでが今までの経緯で
今日、内視鏡検査だった訳です。
あんなもの屁でもないよ、と平静を装ってはいたものの
内心は結果が怖かった。お互いに。
でももうここまで来ちゃってるんだし
結果がよければよし。もし悪くてもがんセンターへ行けばよし。
どーんと行って来ーい!

結果。
もう少しで穴が開くギリギリの胃潰瘍。
よく血を吐かなかったね~と先生がビックリしてた。
できれば入院したほうがいいけど
そうもいかないなら毎日注射通院と薬で様子見ましょう、と。

とりあえず、安心しました。
「医者選びも寿命のうち」ってほんとだね。

 

PR
  • ABOUT
  • カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • 最新記事
  • other link
メインHP↓







  • 過去の記事
  • with elle★






  • ....〆(・ω・` )
★みかんオススメSHOP★



苦しくない・喉にも安心
ショックレス首輪





  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © つぶつぶミカン All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]