忍者ブログ
Admin*Write*Comment
つぶつぶミカン
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の「嫌本ベスト10」の上位をキープしている
梁石日の「闇の子供たち」がなんと映画化されてた。

あの話を映画化?
正直、読んでて吐き気がしたし
二度と読みたくないと思った本なんだけど。

「これと同様なことが現実に起こっているんだから
目をそらしてはいけないんだ!知るべきだ!」

なんて台詞さえ軽々しく言えないほど
凄まじいあの本がどんな風に映画化されたのか・・・
見たいような見たくないような。

「闇の子供たち」公式サイト

PR
関西圏の人か「クイズ!紳助くん」を見てた人しか
わからないかもしれないけど
なにわ突撃隊のゆうじさんが10日、
直腸がんで亡くなった。

えええええええー!?

最近しばらく見てなかったけど
藤原紀香がアシスタントやってた頃は欠かさず見てて
すぐ泣くヘタレのゆうじが一番好きだったのに。

36才か・・・
私の時に39才で大腸がんにかかるには早いと言われたけど
やっぱりがん年齢は確実に下がってきてるね・・・

みんな、ちょっとおかしいと思ったら
病院へ行くんだよ!


40代子無しが子犬を飼う。
10年前に書かれたこの本と
まさに同じような道をたどっております。

ちょっと様子がおかしいと目尻をつりあげ、右往左往。
心配し過ぎて正気を失いかけるあたりとても他人事とは思えん・・・
小型犬に洋服を着せているのを見て
「犬バカ」とせせら笑っていたはずが今や
自分の服よりまず犬の服ってのもこれまた同じ(笑)
残念ながらうちのエルさんは成長とともに
体型が既製服にあわなくなってしまい洋服買いは
断念する羽目になったんだけど(T.T)

しかしこの本、第一話から第三話までは
自宅で一人で読むことをお薦めします。
リッキーと一緒にやってきた兄弟犬バッキーとのお別れ、
私は号泣しすぎて目がえらいこと腫れました。

 

見沢知簾氏、自殺。

私自身は右とか左とかの政治的思想は無いが
見沢氏の本は好きだった。
しかもほんの一週間前に「獄の息子は発狂寸前」を
読み返したばかりだったのに。
ショック・・・

公式HPを見ると、精神も肉体も相当つらそうだ。

しょうがなかったのかなぁ・・・
でもなぁ・・・なんだかなぁ・・・

大好きな作家、見川鯛山先生が
とうとう亡くなってしまった。

初めて山医者シリーズを読んだのが
確か十代の頃だから、かれこれウン十年。
ついこの間「これにて断筆」という本を出されたのを知り
残念に思いつつも「ああ、お元気なんだな」と安心してたのに・・・

このウン十年の間に
見川先生に手紙を書こうと何度も何度も思ったけど
プロの作家に手紙を書くということに臆してしまって
とうとう書かなかった。

ピンクの便せんと封筒で「見川センセ♪」って
手紙を出したかったんだ。本当は。

ご冥福をお祈りします

  • ABOUT
  • カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 最新記事
  • other link
メインHP↓







  • 過去の記事
  • with elle★






  • ....〆(・ω・` )
★みかんオススメSHOP★



苦しくない・喉にも安心
ショックレス首輪





  • ブログ内検索
  • バーコード
Copyright © つぶつぶミカン All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]